postheadericon 大阪市内にある商店街をご案内

006-5dc50
商店街、人妻にとっては毎日通う場所といっても過言ではないでしょう。今回は、大阪にある人妻にとっては大事な商店街をいくつか紹介させていただきます。新梅田食道街(しんうめだしょくどうがい)は大阪市北区角田町にある、梅田のど真ん中の飲食店街です。1950年(昭和25)12月15日に開業しました。JR大阪駅東側の阪急百貨店と阪急梅田駅の間の東海道本線および大阪環状線のガード下に所在しているので納得できますが、旧国鉄時代の施設関係者の引退者対する救済事業としてはじまりました。当然ですが、料理を習っていたわけでもなく、仕事にしていたわけでもない。料理素人にも、くいだおれ文化のある大阪であれば、道が拓けるのではないかと営業を始めました。近くには風俗店も立ち並び、数多くの求人が出されています。旧国鉄のイメージはとても堅い印象をもつのですが、柔軟段一面を持っていることを知り驚かせれます。終戦間もないこの時期に、お堅さはいらなかったのかもしれませんね。今では毎夜賑わう新梅田食道街ですが、開業当時に毎晩飲みに行ける経済力をもつ人など、そうはいません。ターミナル駅に直結していかことが幸いし、旅行客が来店するようになりました。やはり商売は商売する場所が大事ですね。風俗店にも同じことが言えるのではないでしょうか?

postheadericon 天神橋筋商店街

tenzin
 天神橋筋商店街(てんじんばしすじしょうてんがい)は、大阪市北区にあるアーケード商店街で南北約2.6kmと直線では日本一の長さを誇ります。お店の数は約600点!
昔ながらのお店から、パワー溢れるお店。そして、難波魂全開のお店まで多種多彩です。海外と違って身の危険を感じる心配がなく、一直線なので迷子になる可能性も低く、存分に楽しめるところがいいですね。途中、人妻専門の風俗店もいくつかあります。求人が出ているかどうかはその時々みたいです。梅田の人妻さんは時々チェックしてみてはいかがでしょう。各商店街は番地にちなんで、1丁目から6丁目まで存在します。すこし疎外感がある7丁目商店街。その疎外感の理由はアーケードが7丁目にはないんです!!ですが。足を伸ばしてわかる魅力が7丁目にはあります。個性的なお店がありますので、ご自信で開拓してくださいね!これも旅の醍醐味ですね。
 アーケードの頭上に目を移すと、なにやら素通りできないものが目に飛び込んできます。中に浮く鳥居です。その名も「空飛ぶ鳥居」。大阪天満宮の参道にだけ数色の鳥居が空を飛んでいます。何色の鳥居があるか数えながら、ご利益に肖れるよう上向いて歩いてみましょう!

postheadericon 戎橋筋商店街

syoutenngai
 戎橋筋商店街(えびすばしなんばしょうてんがい)は、御堂筋の一本東側、髙島屋大阪店から道頓堀川・戎橋までの南北約370mのアーケード型の商店街です。天神橋筋商店街同様、一直線なので迷子になる可能性も低く、存分に楽しめるところがいいですね。
人妻の集まる場所として有名でファッション、美容、グッツ、グルメ、百貨店があります。集まった人妻を狙って風俗求人の雑誌が配られたりします。梅田からもそんなに離れていないので、是非足を運んでみてください。戎橋筋商店街は江戸時代に形成され、1913年(大正2年)になり本格的に形作られ、本日の繁栄に至っています。明治時代は何していたんでしょうね?と、思わず突っ込んでしましました。こまかいことは気にしないで、生誕100周年記念として。2013年(平成25)に「なんば戎橋筋商店街」冊子が出来上がりました。そこには明治時代の歩みにしてもしっかり書いてありましたよ!戎橋の歩みが現在に至るまでに詳細に書かれています。そのほかにも周のイベントや、老舗店へのインタビュー。今後の100年ついても紹介されていました。100年前と現在、そして未来の100年を感じながらお散歩してください。